宮城県行政書士会とは

  • 行政書士に頼みたい
  • 日本行政書士会連合会
  • 日本司法支援センター 法テラス
  • 解決ユキマサくん
  • 日本行政書士政治連盟
  • 一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター
宮城県行政書士会
〒980-0803
宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3-5
電話:022-261-6768
FAX:022-261-0610
MAPをみる

会長挨拶

ふるさとの人々といっしょに

あの3.11から1年4カ月、日本中のだれもが被災地を思い、被災した方々を思い、生まれ育った「ふるさと」を思い、ふたたびその懐かしい「ふるさと」をいっしょに取り戻そうと努力して参りました。
国も、地方も、一日も早い復旧・復興のために渾身の努力を重ねて参りました。時間の経過とともに人々の様子も少しずつながらその表情が和らいできたようにも思えます。
しかし、被災地の多くの方々にとってはまだまだ非日常の毎日であります。大切な家族を失った上に働き先も失い、これから先の住む家さえも見通しが立たないなどという状態も数多いことでありましょう。
また、従業員をかかえ大切な生産現場であった事業場を奪われ、ありとあらゆる貴重な生産手段も資本も失い、事業再開が程遠い状況下にある事業者も数多いと報道されております。

「ふるさと再生支援事業」スタート

宮城県行政書士会は平成24年度定期総会において、被災された県民がその苦境から一日も早く立ち上がり、あたらしいふるさとを建設し、県外へ避難された方々も安心して戻ってこられますように、800人を超える会員の総力を挙げて支援活動を展開することを決議し、今日まで準備を進めてまいりました。そして、いよいよ8月初頭からその「ふるさと再生支援事業」をスタートさせる運びとなったところであります。この事業には東北各県すべての行政書士会から「ぜひ支援したい」との力強いご賛同とご支援の申し入れがあり、会員も派遣されることとなっております。 「官庁に提出する書類」の作成は行政書士の本業であります。3.11大災害の発生から今日まで、国・地方から様々な支援策が発表され実施されてまいりました。「ふるさと再生支援事業」は、これらの手続に必要な書類作成あるいは提出までを「行政事務」を本業とする行政書士が被災県民に寄り添って無償で支援するという事業であります。加えて復興事業に追われてマンパワーの不足をきたしておられる各自治体への支援も対象とし、国や地方が実施するさまざまな支援事業の一層の促進に貢献しようとするものであります。

県土再生の風に
このたびの悲惨な災害を克服し、官民が一致協力してあたらしい「ふるさと」を作り上げようとしている今は、まさに「新しい歴史への第一歩」でもあります。幾千万祖先の血と汗が沁みこんでいるふるさとの地、万葉の昔より「黄金花咲く」と冠せられたこの美しい「みちのく」再生へのうねりを生み出す"復興の風"となって頑張りましょう。

 

平成24年7月
宮城県行政書士会 会長  髙橋靖祐

ページ最上部へ